【腰痛】腰に良い敷き布団とは【布団】

筑波大学 体育専門学群 卒
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻 博士前期課程 スポーツ障害・コンディショニング論 卒
体育学修士 須崎 弘太
kohta@suzaki-futon.com

腰痛とは

まず腰痛という言葉について知らなければいけません。腰痛には様々な種類があります。
筋筋膜性腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症etc…
これらを総称して腰痛と呼ばれます。腰痛の原因は、急な動作をした際に筋肉が傷ついたり、腰周辺の筋肉が疲労して凝り固まってしまっていたり、長時間背骨に負担がかかったり、加齢などにより骨が変形してしまったり、病気であったりなど挙げられますが、痛みが発生する詳しい原因はわかっていない場合が多いのです。

腰痛で苦しみ、悩んでいる人は大変多く見られます。一生のうちに腰痛を体験する人は実に8割近いという報告があるくらいです。多くの人々を悩ませる腰痛ですが、腰痛を発生するようになった理由は人間が二足歩行になったことが原因といわれています。人間には高い知能があり、そのため他の動物と比較すると脳の重量が大きくなりました。その結果、頭部の重みを頚部のみで支える四足歩行から頭部の重みを全身で支える二足歩行になったといわれています。また二足歩行になったおかげで両手が自由になった事も人類が発展してきた理由の一つと考えられます。

二足歩行になった人間の腰部は体の中心となり、あらゆる動きや力を支える基盤となりました。その結果、腰部は多大な負荷を受けるようになりました。しかし、腰部は背骨1本のみ(正確には少し違うのですが…)でその負荷を受けとめています。そうなると必然的に背骨に付着する靭帯や椎間板やその他の軟部組織、筋肉への負担が強くなってしまうのです。

その負荷が積み重なることにより痛みを発生すると考えられる腰痛が大半を占めています(non-specific low back pain : 非特異性腰痛症)。さらには、無理な姿勢での作業の継続や負担が大きい姿勢で強い力を急に出そうとすれば当然腰への負荷は一気に高まり、それまでの負担と相俟ってぎっくり腰を引き起こす可能性も高くなってしまいます。

【腰痛】腰痛のデータ【布団】

腰痛の対策

寝具と腰痛の関係

通常の背骨はS字をしています

通常の背骨は
S字に湾曲
しています

睡眠中や起床後に腰が痛く感じることがありますが、これは腰の筋肉が緊張し、痛みが出ている可能性があります。先ほどの分類の中では筋筋膜性腰痛 に分類されるものと考えられます。腰部は、体重全体を支える重要な場所であるにもかかわらず、背骨のみでしか支えられていないために、周りの筋肉・靭帯・椎間板 などの軟部組織への負担が大変大きくなります。この負担は起立時はもちろん、座っているときも実は起立時以上の負担が生じるといわれており、睡眠時のように身体を寝せている時が一番リラックスできるのです。しかし、寝具の種類によっては寝ていても腰の緊張がとれず、疲労が回復できずに 腰痛を悪化させてしまいかねない寝具があるのです。どのような寝具が腰に良くないのかを知る為には人間の腰部の構造を多少理解しておく必要があります。体重を支える柱と言える背骨はとても大きな負荷が かかってしまいます。もし背骨がまっすぐな棒状の物であれば、一つ一つの骨に対する衝撃や負担はもろに掛かってしまい、すぐに腰部分の骨は異常を起こしてしまう でしょう。このような負担がかからないようにS字型に湾曲した独特の形状をしています(右図参照)。この湾曲した背骨が通常なので、これに付着している筋肉や靭帯は S字型の背骨の時に最もリラックスしやすいのです。しかし睡眠時はこの形が崩れやすい 時間になってしまいます。特に低反発の敷き布団などは、腰が沈み込んでしまうのでこの湾曲が崩れやすいといわれています。また、睡眠時には腰や肩といった部分に体重の多くが集中することが分かっています。特に硬すぎるお布団は肩や腰の一部に体重のほとんどが集中し、血行不良の原因となる事も有ります。 そして睡眠時間は長時間動きが少なくなってしまいます。なので腰や肩の筋肉は圧迫され血の流れが悪くなってしまいます。その結果、筋肉には栄養が行き渡りにくい 状態になってしまい、疲れたままの状態で朝を迎えるので起きると肩や腰が重い(痛い)という症状が出てきてしまいます。そのため人間は寝返りをうつことによって 体重が局所に集中し、血液の流れが悪くなることを避けています。つまり、寝返りがしにくく、腰が沈みこむ様に柔らかく、硬すぎるお布団は腰に大きな負担をかけてしまう可能性があるとされています。 寝ていると腰が痛くなる原因は?
腰に良い敷き布団〜当店オリジナル!洗える本格腰痛対策敷き布団の秘密〜

本格的な腰痛対策敷き布団
腰に良い敷き布団〜当店オリジナル!洗える本格腰痛対策敷き布団の秘密〜

腰痛に適した敷き布団とは?


腰痛に良い敷き布団の条件

これらを実現する為に、次のような敷き布団が理想的です!




高反発マット

数年前から低反発の枕や布団が流行っています。低反発の布団で寝ると、包み込まれるような感覚がありとても気持ちがいいものです。しかし、腰痛対策に関して考えれば実は良い効果ではないのです。腰痛の予防のためには寝返りのしやすさや、正しい姿勢で寝ることが出来る必要があり、その点に関して低反発の布団よりも反発力の高い布団が理想的です。


凸凹構造

表面が凸凹構造になっているため、寝返りをする際や体重移動と共に指圧・マッサージ効果が期待でき、腰や背中の筋肉の血行促進につながります。睡眠時に血行を滞らせないことにより、起床時の腰の重さや辛さが緩和でき、スッキリとした目覚めが期待されます。

また、凸凹構造を持つことにより、面ではなく点で体を支えることができます。 体を点で支えることが出来ることにより、背中から腰にかけて圧迫される部位が分散し、局所への強い圧迫が解消されます。

一点に集中する圧力が減り、血流が滞りにくい!

 さらに!

前述のように「寝返りのためには反発性の高いものがよい!」ということから高反発クッションと凸凹マットを組み合わせることにより、正しい寝姿勢・ 体圧分散・血行促進・寝返りしやすい腰痛に良いとされる特徴を全て取り入れることができます。

ここまでを整理してみましょう

凸凹マットと高反発マットで腰痛対策

推奨される敷き布団とはつまり…


血液循環と体圧分散と理想的な寝姿勢を改善することでおすすめの敷き布団になる!


睡眠時の不良姿勢などによる腰痛問題が解消できる!!?

腰痛改善・予防の為・アレルギー対策
理想の敷き布団が完成しました!

洗えて腰に良い敷き布団
〜当店オリジナル!洗える本格腰痛対策敷き布団〜


【ブレスエアー】洗える腰痛対策敷き布団【シンサレートで温かい】 
若ジュニアから一言!

腰痛に苦しんでいる人はたくさんいらっしゃいます。最初は我慢できるレベルの痛みだった腰痛でも、日を追うごとに痛みが増し、ついには何をするにも痛くて思うように動けなくなってしまいます。
腰痛になる原因は様々なことが考えられますが、未だにはっきりとした原因は解明されていないということが現状にあります。分かっていることは、腰痛には筋肉の休息が重要であり、最も効果的な休息は睡眠です。

しかし、腰痛に対して間違った敷き布団を使用していると、腰痛は改善されるどころか悪化してしまいます。腰に不安が生じ始めたらなるべく早く寝具(敷き布団)を改善することが、慢性的な腰痛を予防できる最善の策ではないかと考えられます。





Copyright c 特殊布団の専門メーカー 株式会社須崎ふとん店 All Rights Reserved.
  0120-714-283 FAX 0944-22-3731
会社の所在地 : 〒839-0215 福岡県みやま市高田町濃施296番地

トップ